FC2ブログ
♪yukko♪のヴァイオリン日和
ヴァイオリニストのつれづれ。
京都国際学生音楽フェスティバル2 018
今年も京都国際音楽学生フェスティバルの季節になりました。
もう20年以上毎年続いている音楽祭で、
世界何ヵ国かの音大生が京都に集まって
ソロや室内楽を演奏します。
日本からも各大学から何名か参加しますが、
世界から集まった素晴らしい学生さんたちと
共演する貴重な機会もあり、
とても勉強になります。
 
私もずいぶん昔に参加し、
ジュリアード音楽院の学生さんと室内楽を演奏しました
今年は生徒さんがジュリアードの学生さんと室内楽を演奏すると言うことで
リハーサルなどから聴かせてもらいました
 
今回の曲はブラームスのセレナーデ第1番を
10重奏に編曲したもの
(楽譜は出版されています)
ブラームスのセレナーデはオーケストラでもあまり演奏されることがなく、
私も弾いたことがなかったのですが、
これを機にお勉強。
とても良い曲で、さすがブラームスです。
リハーサルを聴かせてもらうと
ジュリアードのヴァイオリニストは本当に素晴らしく、
テクニック、音楽性を兼ね備えていて
リーダーシップもあるので進め方もいい感じ。
私も刺激をもらい、勉強になりました。
 
生徒さんはもちろん良く頑張っていて
良い経験になったことと思います。
今後に生かせたら良いな
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック