FC2ブログ
♪yukko♪のヴァイオリン日和
ヴァイオリニストのつれづれ。
ドヴォルザーク
先週は京都市交響楽団友の会会員さま向けコンサートがありました。
いわゆるお得意様向け限定のコンサートです。
今回は3人の指揮者による

ドヴォルザーク作曲
謝肉祭
交響曲第7番第1楽章
交響曲第8番第1楽章
交響曲第9番第1楽章

指揮者が変わると音が変わるのがとてもよくわかる演奏会でした。
どの指揮者にも良さがあって、
そのお人柄が音に出ます
広上さんの壮大な響き、
高関さんのロマンティックな響き、
下野さんの精巧な響き、
1日にそれらを楽しめてお客さんも喜んで下さいましたし、
演奏している私たちも勉強になりました。

この3曲の中では個人的には7番が好きです。
8番や9番の方がドヴォルザークらしいのかもしれませんが、
あの8分の6拍子の雰囲気と、調性感がたまらなく美しいと思います。
でも京響に入ってまだ1回しか演奏していないので人気がないのかな。
スポンサーサイト