FC2ブログ
♪yukko♪のヴァイオリン日和
ヴァイオリニストのつれづれ。
大学受験
この春入試の受験生は一人でした。
いつもに比べて人数は少ないのですが、
そこには大きな問題が!
その生徒さんはアメリカの音楽大学を志望していて
アメリカの入試事情には疎いので驚きの連続でした。
 
まず驚いたのは入試が2月から3月と早いこと。
日本でも同じ時期に入試がありますが、
それは4月入学であり、
9月入学の入試がこんなに早いとは驚きです。
また、入試の前にビデオ審査がある学校もあり、
その場合、12月初旬にはビデオを提出しなければいけません。
入試で事前審査は日本ではみないのではないでしょうか。
 
そしてなにより課題曲の多さ。
大学にもよりますが、
多いところは協奏曲が全楽章なのはもちろんのこと
リサイタル2夜分くらいの曲数でした
練習するのが大変なのはもちろんですが、
レッスンするのも大変です
課題曲はバロックから現代まで多岐にわたるので
テクニックだけでなく音楽性も非常に重要です。
おそらくアメリカの大学にも
それぞれ傾向と対策があると思いますが、
そこまで詳しくないですし
とにかく志望校に受かりたい!
と思ってもらえるような精一杯の演奏をできるよう
レッスンしていました。
 
幸い有名なジュリアード音楽院を初めいくつかの大学に合格し、
生徒さんは秋から大学生活をスタートさせます
実り多い学生生活になって欲しいですね
スポンサーサイト