♪yukko♪のヴァイオリン日和
ヴァイオリニストのつれづれ。
ライトハウス主催演奏会
今日はライトハウスさん主催の演奏会でした

プログラムは
スメタナ作曲 売られた花嫁序曲
シベリウス作曲 ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザーク作曲 交響曲第9番新世界より
の3曲。

売られた花嫁の序曲を弾くのはは初めて
昔はオーケストラの入団オーディションでよく弾いたそうですが、
私はその時代とは少し違うようで、
全く初めての曲でした。
オーケストラ13年目になると、
全く初めての曲と出会うことも結構少なくなってきます。
ある意味貴重な経験です。
そのスメタナ、オーディションに弾くだけあって難しかったです
セカンドヴァイオリンはひたすら刻み続けますし、
結構目立つので緊張します。
でも爽やかで明るくて華やかな曲、
オープニングにふさわしいかもしれません

シベリウスはソリストの吉田南ちゃんが本当に素晴らしかったです
弾くたびにどんどん上手くなって、
あんな音色が高校生で出せるなんてすごいです。
音色の変化もテクニックも素敵すぎて
共演しながら惚れ惚れしていました
まだまだ若いですし今後が楽しみですね。

メインは新世界。
今日は生徒さんたちが新世界を聴きたいと
演奏会に来ていましたが、
やっぱり名曲ですね。

明日から11月、芸術の秋にふさわしく、
しばらくは演奏会がいっぱいです
スポンサーサイト