FC2ブログ
♪yukko♪のヴァイオリン日和
ヴァイオリニストのつれづれ。
夏の発表会
毎年1回は行っている発表会が
今年も無事に終了しました
今年は運良く兵庫県立芸術文化センターの小ホールが取れ
あの素敵なホールで行いました
発表会は毎年抽選が大変なのです。。。
 
ホールの響きが良いと
生徒さんたちの演奏も格段に素敵になります
ピアノもベーゼンドルファーをお借りして
素敵な響きに包まれると
小さな生徒さんも大人や大学生も
響きを良く聞いて音を出してくれるので
レッスンの時とは全然違う響きになります。
やっぱり良いホールで演奏することは大切ですね。
 
どの生徒さんも持てる力を出し、
4歳から大学生まで皆さん良く頑張っていました!
もっとどうしたいなど欲はどんどん出てきますし、
来年の発表会では更に皆さん上手になっていることでしょう
 
発表会が終わるとコンクールシーズンで、
なかなか休めません。
でも暑い夏に外出するより
冷房のきいた部屋で練習する方が
幸せだと思うのは私だけでしょうか(笑)
スポンサーサイト
京都国際学生音楽フェスティバル2 018
今年も京都国際音楽学生フェスティバルの季節になりました。
もう20年以上毎年続いている音楽祭で、
世界何ヵ国かの音大生が京都に集まって
ソロや室内楽を演奏します。
日本からも各大学から何名か参加しますが、
世界から集まった素晴らしい学生さんたちと
共演する貴重な機会もあり、
とても勉強になります。
 
私もずいぶん昔に参加し、
ジュリアード音楽院の学生さんと室内楽を演奏しました
今年は生徒さんがジュリアードの学生さんと室内楽を演奏すると言うことで
リハーサルなどから聴かせてもらいました
 
今回の曲はブラームスのセレナーデ第1番を
10重奏に編曲したもの
(楽譜は出版されています)
ブラームスのセレナーデはオーケストラでもあまり演奏されることがなく、
私も弾いたことがなかったのですが、
これを機にお勉強。
とても良い曲で、さすがブラームスです。
リハーサルを聴かせてもらうと
ジュリアードのヴァイオリニストは本当に素晴らしく、
テクニック、音楽性を兼ね備えていて
リーダーシップもあるので進め方もいい感じ。
私も刺激をもらい、勉強になりました。
 
生徒さんはもちろん良く頑張っていて
良い経験になったことと思います。
今後に生かせたら良いな
時代の変化
半月ほど前にスイスでメニューイン国際コンクールが行われ、
教えていた生徒さんがジュニア部門に出場していました
課題曲も多岐にわたっていて、
最近の国際コンクールは
ジュニア部門でも大人な表現力と
正しい分析力、和声感が求められているんですね。
 
メニューインのように国際コンクールになると
YouTubeなどでライブ中継されたり
ライブで見れなくてもネット配信で演奏が見れます。
日本より欧米の方がそういったことは進んでいますね。
なので生徒さんがどんな風に成長しているのか
その様子を見れることはとても興味深いものです。
今回ライブでは見れませんでしたが、
ネット配信で見ることができ、
生徒さんだけでなく、他のコンテスタントの演奏も聴けたので
とても勉強になりました
 
それにしても時代の進化を感じますね。
私たちが子どもの頃には考えられないことです。
科学技術だけでなく、
ジュニア世代の技術も時代の進化を感じずにはいられません。
1位の方は本当に素晴らしかったです
 
今教えている生徒さんにしても、
彼女のように転勤で先生を変わった生徒さんにしても
成長していく姿はとても嬉しいものです
生徒さんは入賞はできませんでしたが、
セミファイナルまで進んでいて
今後が楽しみです
嬉しい知らせ
ここ数日、公立高校の合格発表があり、
教えていた生徒さんたちから
嬉しい知らせが入りました
私自身、音楽高校を受験をしていないので、
毎年未経験の緊張ですが、
今年も全員無事に合格して嬉しいものです
 
特に今年はいつもと違いました。
例年は最後まで私がレッスンするのですが、
今年は諸事情があって
代講をお願いしたり
他の先生をご紹介したので、
こちらもいつも以上にドキドキ。
(決して他の先生を信頼していないわけではありません!)
でもみなさん力を出しきれたのかなと
今はほっとしています。
 
今年度は大学受験も
公立私立とも推薦で決まりましたし、
これで入試はおしまい
生徒さんみなさんに春が来て本当に嬉しいですし、
私も一安心。
みなさんおめでとうございます
吉報いろいろ




ここ1週間くらい、
生徒さんから吉報が届いていました。
入試に合格したり、
コンクールで賞をもらったり、
内容は様々ですが、
吉報は何であれ嬉しいものです
 
今年は初めて公立大学の推薦入試を受けた生徒さんがいて、
こちらもとても緊張していたのですが、
無事に合格を頂いてホッとしています。
大学受験は教える側も大変です
でも嬉しいニュースを聞くと
教えていて良かったなと思います
生徒さんにも感謝しなくちゃですね