♪yukko♪のヴァイオリン日和
ヴァイオリニストのつれづれ。
退官祝賀会
20年以上お世話になっている恩師、
久合田緑先生が先月末で大学を退官され、
それに際し、演奏会と祝賀会が行われました。
 
演奏会はちょうど大阪公演のリハーサルと重なってしまい、
残念ながら伺えませんでしたが、
祝賀会のみ参加させてもらいました。
 
 
大阪音楽大学の学生さんとお母様がお世話係をして下さって
心より感謝致します。
パーティーの実行委員会は大変ですから
みんながハッピーな会を計画して下さって、
その心配りには脱帽でした。
 
大阪音楽大学の関係者だけでしたので
参加者は30~40人くらいでしょうか。
前学長の中村先生もいらして下さって
和やかでみんなの表情がわかる会でした
 
久合田先生の行き方に少しでも近づきたいですが、
それは夢のまた夢。
そう思える先生と出会えたことが幸せなことであり、
その出会いに感謝して生きていきたいと思います。
スポンサーサイト
九州地方の地震から思う大分の思い出
九州地方の地震で被災された皆様におかれましては
心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震は熊本、大分の両県の被害が大きいようです。
熊本には残念なことに行ったことがないのですが、
大分には行ったことが何度かあるので
思い出したことをつらつらと。

子供の頃、祖父の仕事の関係で1年の3分の1くらいを別府で過ごしました。
1年と少し前、大分公演がありました。
百名山の久住山、祖母山も大分県、熊本県にあります。
今回地震が起こった地域はどこか身近な地域であり
被害状況を知るたびに余計に胸が痛みます。
もちろん場所がどこであっても胸は痛みます
これ以上被害が増えないことを祈るのみ日々です。

今日の演奏会で広上さんは会場の皆さんに
「自然災害は誰にも止められませんが、
 私たちにできることは音楽で心を満たすこと」
というようなことをおっしゃっていました。
阪神淡路大震災で被災した私の場合、
幸いお家は無事でしたが、
ヴァイオリンを弾こうと思うまでに数日かかりました。
ですから今回被災された方も
今は目先のことで大変だと思います。
ただ、今後復興していく中で
私たちが必要になったら喜んで力になりたいと思います。

思い出。
去年、祖母山で出会った霧氷の写真。

IMG_0884.jpg
地震のこと
九州地方の地震にて被災されましたみなさま、
心よりお見舞い申し上げます。
今夜は雨だそうですし、
これ以上の被害が出ないことと
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

16日午前1時30分頃の地震で目が覚めました。
ゆらゆらと揺れて、とても怖かったです。
九州地方の方が経験された地震はこの何倍もの大きさ。
その不安は尋常ではないと思います。

21年前に阪神淡路大震災で被災し、
その恐怖は今でも忘れられません。
地震が現実なのか、夢なのかもわからず、
物が壊れる大きな音が
地震が現実なんだと感じさせてくれました。
地震が起こると色々と考えますし、
自分ができることがないかと悩みます。
ちょうど月初めに福島で震災チャリティーコンサートを行って
少しは被災された方々のお役に立てたかなと思ったりもしました。
でも実際地震が起こっているときに何ができるか、
これは難しい問題です。
ですからせめて
これ以上の被害が出ないことと
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
20年
今日で阪神淡路大震災から20年。

20年前の昨日、
私は高熱にうなされていました。
滅多に風邪なんてひかないのに、39度の熱。
翌日17日は学校を休んで病院に行こうと布団に入り・・・

次の瞬間、轟音で目が覚めました。
直後、ガタガタと揺れが始まり、
ものが壊れる音、割れる音が聞こえることで
生きていると認識していたことをよく覚えています。
あまりの揺れに現実なのか夢なのかわからず、
高熱で頭がおかしいのかと思うほど。
でも耳に入ってくる音は現実でした。

明るくなって近所の様子を見に出ると
近くの高速が落ちていて、
川の近くの橋はすべてと言っていいほどガタガタ。
言うまでもなく家の中はめちゃくちゃ。
自然災害の恐ろしさを感じた瞬間でした。

あれから20年。
震災に関して忘れない思い出がたくさんあります。
人の絆を感じ、優しさ、愛情、たくさん与えてもらいました。
その経験を無駄にしないように生きて行きたいです。
お参り
去年天国へと旅立った
大切な同級生のお宅へ
お参りに伺いました。
彼が大好きだった曲
ブラームス作曲ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」を弾きに
 
以前、その大好きだった雨の歌を弾く演奏会を
聴きにきてくれたのに、
残念なことに雨の歌に間に合わず
そして彼は雨の歌を聴かないまま
天国へ召されました
そして昨日、
やっと聴いてもらえました。
色んな思い出がありすぎて、
涙をこらえるのが必死でしたが、
彼は微笑みながら聴いてくれたかな。
そうだったら良いな