FC2ブログ
♪yukko♪のヴァイオリン日和
ヴァイオリニストのつれづれ。
夏の発表会
毎年1回は行っている発表会が
今年も無事に終了しました
今年は運良く兵庫県立芸術文化センターの小ホールが取れ
あの素敵なホールで行いました
発表会は毎年抽選が大変なのです。。。
 
ホールの響きが良いと
生徒さんたちの演奏も格段に素敵になります
ピアノもベーゼンドルファーをお借りして
素敵な響きに包まれると
小さな生徒さんも大人や大学生も
響きを良く聞いて音を出してくれるので
レッスンの時とは全然違う響きになります。
やっぱり良いホールで演奏することは大切ですね。
 
どの生徒さんも持てる力を出し、
4歳から大学生まで皆さん良く頑張っていました!
もっとどうしたいなど欲はどんどん出てきますし、
来年の発表会では更に皆さん上手になっていることでしょう
 
発表会が終わるとコンクールシーズンで、
なかなか休めません。
でも暑い夏に外出するより
冷房のきいた部屋で練習する方が
幸せだと思うのは私だけでしょうか(笑)
スポンサーサイト
シューベルト
今日はアメリカヤ楽器店のピアノ開きで演奏してきました。
ピアノ開きですが、
ピアノとのデュオやヴァイオリンの名曲などをというリクエストで
クライスラーやシューベルト、ヴィエニアフスキなどを
30分くらいのプログラムのつもりが
気がつけば40分弱も弾いていました(^^;;
 
 
なぜか今年はシューベルトを弾く機会が多く、
既に3回が終わり、あと2回決まっています。
曲は色々ですが
こんなにシューベルトを弾く機会があるなんて
自分でも驚きです。
もちろん学生の頃に勉強はしましたが
たぶんそれ以来弾いていなかったと思います。
素敵な曲すぎて難しいので
なかなか演奏の機会がありませんでした。
もちろん何回弾いても難しいのですが、
弾く度に発見もあるので
何回弾いても飽きません。
 
 
今日のひらめきは次回に生かし、
でも次はきっとまた別のひらめきが
我が祖国
週末は定期演奏会でした
今回のプログラムは
スメタナ作曲我が祖国全曲。
意外と演奏されないのかたまたまなのか
入団17年ですが初めて全曲演奏しました
京響も全曲は20年ぶりだそうです。
 
指揮の高関さんの音楽作りは
アカデミックですが
とてもロマンティックでもあり、
特に2日目の演奏は印象的でした
本番のテンションだからこそ生まれる演奏で
ライブの良さが表れていた気がします。
(決して1日目が悪かったわけではありません!)
 
チェコの風景や歴史を音楽で表現していて
弾けば弾くほど奥深く
とても印象に残る演奏会でした
名曲は特にお客さんもたくさんいらっしゃいますし
嬉しいことですね。